新着情報

新着情報カテゴリー: 薪ストーブ

石の薪ストーブ

2020.03.03|薪ストーブ

『石の薪ストーブ』

薪ストーブの素材といえば、鋼板製と鋳物製の2つが代表的ですが、

実は 石(ソープストーン)の薪ストーブってのもあるんです。        えっ、石のストーブ?と、皆さん あまり馴染みがないのでちょっと驚かれますが

実は この石の薪ストーブ、蓄熱性がすごいのです。 

火が消えても 薪ストーブの自体は ずぅ~と ずぅ~と 暖かいまま!

それぞれ比較するとこんな感じ                        鋼板製 < 鋳物製 < 石製 (鋳物製の約3倍

デザインも 鋼板製・鋳物製に負けず劣らず カッコいいのです。         (石の質感がとっても重厚です)

薪ストーブ選びの際は、いろいろあって一体どれを選んでいいのか迷ってしまいますが、石製の薪ストーブも選択の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

暖炉と薪ストーブの違いは?

『薪ストーブと暖炉の違い?』

暖炉と薪ストーブ、呼び方が違うだけで同じでしょ?

実は、いっしょのようで大きく違います。

一言でいうと、扉が付いているか、付いていないか!

暖炉は基本的に薪を燃やす場所がオープンになっているので 炎や爆ぜる音、匂いなどダイレクトな雰囲気を楽しむことが出来ます。‣

但し、空気調整という機能がなく 火の勢いに任せて焚くしか出来ないので、燃費はとっても悪いです。また、せっかく暖めたお部屋の空気も煙と一緒に煙突から排気してしまうので、意外ですがお部屋は寒いのです。

一方、薪ストーブは鋼板や鋳物の箱の中(密閉)で薪を燃やし 暖められた箱の表面から出る熱(輻射熱)でお部屋を暖めます。空気調整が出来るので、燃費が良く揺らめく炎も楽しめます。室内の暖められた空気を煙突から排気する事が

ないのでとってもお部屋は暖かいです。また、オーブンとしても使えるので料理も楽しめます。‣

以上、薪ストーブと暖炉の違いでした。‣

ちなみに、薪ストーブは新築・既存と問題なく設置出来ますが、暖炉の場合は大掛かりな工事が必要なため、新築時にしっかりとした計画が必要です。

ヨツール F520に火を入れました

2019.10.13|薪ストーブ

窓を開けて、外の風を感じながら
気持ち良い季節ですね。

もうすぐ、待ちに待った
薪ストーブのシーズン
楽しみです。

 

取扱い薪ストーブ
鐵音工房・さいかい産業・スキャン・ダッチウエスト・ドブレ・ハースストーン・ピキャン・ヘルゴン・モルソー・ヨツール
その他メーカーもご相談ください